・ツンデレが男を家に連れていったら親からめちゃくちゃに貶された


なんか文化祭の準備を手伝えってことで、かなみの家に強制連行された。
俺たちって特にやらなきゃいけないこともなかったよなあ……?
何だかよくわからんが、そういうわけで今かなみの家。

か「ほら!ぐずぐずしてないで、さっさと入りなさいよ!」
た「お、おじゃまします」
母「あら、いらっしゃい。お友達?」
か「ちょっと今から文化祭の準備をこいつに手伝わせるの。こいつは同じクラスの………」
母「………ちょっと、かなみ」
か「え、な、何?」
母「私はかなみがのびのびと育つようにしてきたつもりです。
  だけど、何でもアリの自由放任というわけではないのですよ」
か「お、お母さん?何言って………」
母「友達だって誰でもいいというわけではありません。
  何なんですかこの男は!
  見た目も馬鹿そうで最悪だし、人の家に来たというのに礼儀もなってない」
か「ちょ、ちょっとお母さん!?」
母「服装も実にだらしない。もっとしゃんとできないのですか?
  それに気が弱そうだし、ボケーとしてて。それでも男ですか」
か「……やめてよ、お母さん!!」
母「何ですか、かなみ。お母さんはこんな男と友達になってるなんて許しませんからね」
か「お母さんはこいつのこと知らないのに何でそんなに貶すの!?
  こいつは確かに馬鹿でだらしなくて……」
母「ほら、お母さんの言ったとおりの男じゃない」
か「あ………い、いや、そうじゃなくって……………
  馬鹿とかだらしないってこともないかも…………」
母「ふーん。でも、何だか弱そうだし男らしさが感じられないわね」
か「そりゃあこいつは学校一のひ弱だし男らしさなんて微塵もないけど………」
母「ほら、やっぱりクズみたいな男じゃないの。早く追い返しなさい」
か「………!ち、ちがうって!!男らしくないっていうのは、言葉のあやっていうか、ちょっとした例え?
  と、とにかく、そんなクズみたいな男とか、会ったばかりの人に言わないでよ!!」
母「かなみ、あなた言ってること滅茶苦茶よ。
  あなたが何と言おうと目の前にいる男がクズに見えるんだから、私はこんなのが友達だなんて許さないわ」
か「……………酷い!お母さんなんて大っきらい!!!!(タタタタタタタ、バタン)」

た「………………………」←あまりの言われように半泣きで放心状態
母「ふう……………………さて、たかしさん?」
た「…………………え、あ、あれ?まだ名乗ってないのに何故名前を?」
母「そりゃあ、かなみは家では毎日あなたの話しかしませんもの。
  私が今言ったあなたの欠点、全部かなみが夕食時に話していることですよ」
た「そ、そうなんですか………」
母「でも、もちろんかなみは本心でそんなこと思ってはいませんよ。
  だって、その悪口をすごく嬉しそうに話すんですから。
  あなた、あの子から相当好かれてるわよw」
た「え、そ、それって………」
母「まあこればかりはあなたの気持ちの問題でもあるから。あなたはあの子、どう?」
た「ど、どうって………そりゃあ本当に好かれているのなら大喜びですけど」
母「ふふっ。良かった。これからもあの子をよろしくね」
た「あ、は、はい!………ですけど、それなら何故あんなことを?」
母「あの子ったら恥ずかしがり屋で、いつもツンツンしてるでしょ?
  このままだとあの子はそのまんまで、あなたたちは何も進展しないわ。
  だから、ちょっと後押しを、ね」
た「後押しって、一体………」
母「まあ、すぐにわかるわよ………ほら、来た来たw」

か「(バタン)お母さん!!私の話もちゃんと聞いてよね!!!」
母「はいはい、何ですか?」
か「例えばこの写真!!これはこの前の体育祭のときのたかしの写真よ!
  どう?これを見てもたかしがだらしない男っていえるの!!!!!
  それからこれはたかしの………

(以下、367行省略)

  ………ふう、ふう、ふう…………どう、お母さん!!たかしの凄さがわかったかしら!」
た・母「(・∀・)」
か「………………………………………………………!!!!!!!!!////////////////////////////////////」
母「はいはい♪じゃあお母さんは今からちょっとハワイまで旅行してきますからね。お留守番してて頂戴。
  たかしさん、ごゆっくりw」
か「あ、ちょ、お、お母さん!!!!」
た「(・∀・)」
か「も、もう!たかしのばか!!!!!///////////////////////」


後日、たかしとかなみもハワイにいったそうな。


トップへ
inserted by FC2 system