ツンデレクエスト3 その6


イシス「オッk…ようこそ勇者様。お待ちしておりました」ニコッ
タ「あ、は、はい、どうも…(/////////)」
か(た、タカシのヤツ…何よ、デレデレしちゃって……!)
い(鼻の下伸ばして……ほんまに情けないやっちゃ!)
ち(………後で……ルカニくすぐりの刑………)
イ「イシスはこの砂漠最大のオアシスです。今夜はこの城でゆっくりなさってください…」
タ「あ、ありがとうございます! では……」
イ「あ、タカシ様、しばし」
タ「な、なんでしょうか…」
イ「……………今晩、寝室で待ってるフォ……寝室でお待ちしております…」
タ「……えっ……!!!(//////////)」
イ「フフ…では………」
タ「………(//////////)」

客間。

タ(し、寝室に呼ばれるってことは……い、いやまて、そんなわけ…でも、もしかしたら…)ボーッ
か(あやしい……)
リ(あやしいですわ……)
あ(あやしぃ…)
い(見え見えやな…)
ち(……後で……氷付け(ヒャダルコ)の刑………)

夜更け。

タ(や、やっぱ良くないよな、こういうの…ざ、残念だけど、断った方がいいか……)
コンコン
ガチャ
イ「来てくださいましたか…! さ、どうぞ…!」
タ「あ、いえ、その…」
イ「待ち詫びておりました…さあ、わたくしに、勇者の血を」
タ「そ、そのことなんですが…ごめんなさい!」
イ「!」
タ「や、やっぱり、こういうのは、その…愛し合う人がすることなんだと……まだ、お互いによく知りませんし……」
イ「………そうですか……………フフフ…」
タ「あ、い、いえあの、決して女王様が悪いという訳ではなくて、ですね、その…………じょ、女王様……?」
イ「………フッフッフ………フォッフォ……フォー、フォー………!」
タ「!? な、なんだ、今の笑いに感じた悪寒は…!」
イ「!! ……おっと…これは失敗、うっかり地が出てしまいましたね…〜〜〜〜! セイセイセ〜〜〜〜イ!」
タ「…ま、……まさか……き、き、貴様、…正体は…!!!!」
HG「(バサッ!)オォッッッケェ〜〜〜〜イ!!! 恥ずかしがり屋のタカシさんFooooooooooooooooooooooow!!!!!」カクカクカク
タ「HGキタ――――(;゚Д゚)―――――!!!!!!!!!!!」
タカシ は にげだした!
HG「セイセ〜〜イ! 無駄です、何故ならこの寝室は〜〜ぁ、完全にロックされてますフォオオォオオウ!」
しかし まわりこまれてしまった!
HG「では遠慮なく〜〜〜!!」カクカクカクカク
タ「た、助け…お、おかあさ〜〜〜ん!!!」

ガタン!
とつぜん ドアがひらいた!
か「タカシっ!」
タ「………………」
へんじがない。きぜつしているようだ。
HG「おおっと〜? お邪魔虫ですか〜〜?」
あ「あ……た、タカシに何をしたっ!!!」
HG「まだ何もしてませんよ〜〜? もうすぐ愛の巣を育むところでしたがね〜〜ぇ!」
五人「!!」
HG「お邪魔虫には容赦しませんフォオオオオオウ!!」
四人「……許さない(許しませんわ)(許さないよ)(許さへん)!!!!」
ち「……………燃やす………………」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
HG があらわれた!
あずさ のこうげき! かいしんのいちげき! HG に 71 のダメージ!
いずみ のこうげき! かいしんのいちげき! HG に68 のダメージ!
ちなみ はメラゾーマをとなえた! HG に140 のダメージ!
リナ はザラキをとなえた! しかし HG にはきかなかった!
かなみ のこうげき! かいしんのいちげき! HG に106 のダメージ!
HG「セイセイセ〜〜イ、みなさんお強いですね〜〜〜! こうなったらぁ〜〜〜〜!」
HG は みがまえている。
い「! き、気ぃつけ! 何かする気やで!!」
か「く…大して効いてない……!」
かなみたち は みをまもっている。
HG「…いつもより多く振っておりますフォー――――――――ゥ!!」カクカクカクカクカクカクカク
五人「!??!!!?」
HG は ふしぎなおどりをおどった!
かなみ の こうげきりょくがさがった!
ちなみ の MPが0になった!
リナ の MPが0になった!
あずさ の こうげきりょくがさがった!
いずみ の こうげきりょくがさがった!
HG の HPがかいふくした!
い「!!? あ、アカン、力が……」
あ「は、はいらな…!」
ち「し、しまった……油断した…………!」
HG「形勢逆転フォオオオオオオウ!!!」カクカクカクカクカク
か「く……! あ、あきらめて、たまるか……っ!」
リ「た、タカシの貞操は……わたくしたちが!」
HG「クライマックスですか〜〜? いいですよ〜〜! メインディッシュも登場したことですしね〜〜!」カクカクカク
五人「……!?」
なんと、タカシ がたちあがり HG を みている!
タ「ギ……ギギ、ギガ…ギガ…」
タカシ は なにかをつぶやいている。
か「た、タカシ…!!」
リ「! い、いけません! 今出てきては…!」
タ「ギ……ギガ……ギガ……!」ガタガタガタガタ
タカシ は ふるえている。
HG「オッケェ〜〜〜イ、最後の抵抗ですか〜〜〜!? まさに食欲をそそるスパイs」
タ「(((((((((;゚Д゚)))))))))ギガデイン! ギガデインギガデインギガデインギガデインギガデイィィィン(ry」
五人「!?!!!」
HG「ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
タカシ は ギガデインをとなえた! HG に 189のダメージ!
タカシ は ギガデインをとなえた! HG に 187のダメージ!
タカシ は ギガデインをとなえた! HG に 196の(以下繰り返し
HG をやっつけた!
HG「せ、セイセイセイセイ、退却Fooooooooooooooooooow!!!!(滝汗」シュバッ
20050 のけいけんちをかくとく!
6969 ゴールドをてにいれた!
タ「………………………………………………………きゅう」バタッ
タカシ は きぜつした。
五人(つ、つよい…//////////////)

 翌日、一行はピラミッドへと向かっていた。

か「た、タカシ、水でも飲む?(//////)」
タ「え? あ、ありがと…どうしたの、急に?」
か「え、あ、その…う、うっさい! なんでもないわよ!!(//////////)」
タ「…?」
?「…………タカシ…」
タ「え?」クルッ
ち「…お水、持ってきた…(//////)」
リ「み、水を恵んで差し上げますわ!!(//////)」
あ「ね、ねえタカシ、水飲む?(//////)」
い「あ、あんさん、水飲むか? いまならタダやで?(//////)」
タ「え? …………え?」

しばらくの間ちょっとデレが増えて、タカシは少し幸せでした。
でもピラミッドに着く頃には戻っていたようです。



ツンデレクエスト3 その7 


バハラタ周辺。

まもののむれ が あらわれた!
タ「よーしみんな、ガンガンい…」
ち「………ホイミがかりは………黙ってて………」
タ「orz」
ちなみ は メラミ をとなえた! ハンターフライに 45 のダメージ! ハンターフライ を たおした!
かなみ のこうげき! ヒートギズモ に 57 のダメージ! ヒートギズモ を たおした!
あ「HGとの闘いでレベルがあがってる……いけるよ、みんな!」
タ「俺……役立たず……ホイミがかり………OTL」
げんじゅつし は みがまえている。
リ「……み、みなさん、あのモンスター、呪文を…!」
タ「へ?」
げんじゅつし は メダパニ をとなえた! げんじゅつし は にげだした!
タ「し、しまっtくぁwせdrftgy」
まもののむれ を やっつけた!
しかし タカシ は こんらんしてしまった!
リ「な、何をやっているのですか! この馬鹿勇者は…!」
タカシ は こんらんしている。
タカシ は なかまたちのほうへ あるきはじめた。
ち「……………ま……マズい………!」
あ「え? あのバカシが混乱しても、たいしたことないんじゃ……」
い「あ、アカン! イシスの時の戦いを忘れたんか!」
あ「あ……!」
タカシ が ちかづいてくる。
か「しょ、しょうがない、わたしが一発、どついて……!」
い「しゃ、しゃあないな、ここはかなみにまかせて、ウチらは引っ込んどこか、な?(汗」
リ「そ、そうですね…か、かなみさん、ベホイミの用意はしておきますわ(汗」
か「わ、わかった、ちなみ、一応ピオリムお願い!」
ち「…………! かなみ、前っ!!」
か「えっ……!?」
タカシ は こんらんしている!
タカシ は かなみ を おしたおした。
四人「!!?????」
か「キャァッ……ちょ、ちょっと、何を……!」
タ「おいしそうです〜〜…」
か「う、ウソ、あんた、や、やめ…(ペロッ)!!??!」
四人「!!!!!!!!」
タカシ は かなみ を なめまわした。
タ「おいしい〜〜♪」ペロペロ
か「やっ…ば、ばか、何をっ……ふっ、あ……、ぁんっ…(////////)」
かなみ は ちからがぬけてしまった!
か「や、あ……ち、ちなみ、黙ってないで…何とかしてよぉっ…!」
ち「………………っ…………(////////)」(←見入っている)
タ「じゃあ、いただきまーす…」
か「え、あ、うむぅっ!?」
タカシ は ディープキスをした!
四人「………!!!(////////////)」
かなみ のたいりょくがうばわれていく!
か「む、む〜〜!! んむっ、うむぅ! む、んんっ…う、ん……ちゅっ……ん……ちゅ…っ……(////////////)」
かなみ は ほねぬきになった!
か「ぷはっ、は、ぁっ…はぁ……だ、ダメぇ……み、みんな、みてるよぉ……(////////)」
タ「おいしかった…じゃあ、おかわり、もらうね……」
四人「!?!??!!!!」
か「た、タカ……んむっ」
タカシ は さらに ディープキスをした。
か「ん、んんっ…あむ、むぅっ……!(訳・だ、だめよぉ…こ、これ以上されたら……見られてるのに、わたし……!////////////)」
四人「あ………(気持ち、よさそう……////////////)」
かなみ は からだがとろけて うごけない。
タカシ「♪」
タカシ の なでまわす こうげき! かなみ の おしりにあたった!
か「ん、んんっ!? んむんんッ!!!!」
かなみ は こきざみにふるえだした。
かなみ は イ(ピー)てしまった!
タ「は………あれ…?」
か「……ふぁ………ぁ………(////////)」
かなみ は (ピー)ってしまっている。
タ「……?」
タカシ は とまどっている。
あ「…はっ! そ、そうだ! 今のうちに叩けば…!(////////)」
リ「そ、そうですわね…(////////)」
ち「…………でも……かなみの二の舞に………(//////////)」
い(い、いくらタカシが相手でも、みんなの前やなんて、流石に……/////////)
あ「み、みんな、そんなこと言ってる場合じゃ……(ゆらっ)……え…?」
タカシ は あずさ に ねらいをさだめた!
タ「〜♪」ギュッ
四人「!!!!!(////////)」
タカシ の だきつき!
あずさ は かたまってしまった!
タ「ごちそう、いっぱい〜」
あ「や、やだっ、やめ、(なでなで)んあっ、(はむはむ)ふゃっ!(ちゅっ)ふにゃぁぁ…(////////)」
タカシ は なでなではむはむちゅっちゅした。
あずさ は ほねぬきになった!
あ「んぁ、ぁ……ぼ、ボクも…だ、ダメ、かも…(////////)」
タ「………………んあ、あずさ…?」
四人「……え?」
タカシ の こんらん がとけた!
タ「あれ、お、俺……何してたんだ…?」
あ(な、な、こ、こんな中途半端で…!////)
い(な、なんやこのタイミング! 次はウチの番やと思っとったのに…!////)
リ(こ、これでは、かなみさんのひとり勝ちではありませんか…!////)
ち「……………………!(////)」
ちなみ は つえをたかくかかげた。
タ「……え?」
三人「ぇ」
ち「………………………め、メダパニ……(////)」
ちなみ は メダパニ をとなえた!
タ「ちょww何をくぁwせdrftgyふじこlp;@」
タカシ は こんらんした!
リ・あ・い「ちなみんGJ!!!!!!!!!!!」
ち「………今日は……メダパニパーティーです…………(/////)」
タカシ の こうげき!


(省略されました…全てを読むにはピッピカチュウ!)


 その後しばらく、仲間たちはタカシをまともに見れなくなってしまった。さらにその日宿屋では、何故か女の子部屋のベッドからゴロゴロ音がしたらしい。
 そしてそれから、たまに『メダパニパーティー』なるものが開かれるようになったとかならなかったとか。



ツンデレクエスト3 その8

ジパング。

タ「おっ、すご! あれ本物のキモノじゃん!」
い「あんさん五月蝿いわ…少し黙っとき」
あ「みんなに見られてるってば…恥ずかしくないのっ!?」
タ「う…いや、す、すまん」
リ「まったく、少しは節度を持って欲しいものですわね!」
タ「わ、悪い。でもなんか新鮮でさ……ああいう服って綺麗だし」
か「え…?」
ち「…………っ……」
タ「ん? どした?」
か「……た、タカシって……ああいうのが、いいの?(////)」
四人(…!)
タ「え? いや、いいっていうか、珍しいというか……あ、でもそういうの差し引いても好き、かな」
か「…そ、そうなんだ…(////////)」
四人(……////)
タ「でも、何でまたそんなことを?」
か「! べ、別にいいでしょ!? バカシには関係ないわよっ!!(////)」
タ「ちょ、何なんだ一体……まいっか、今日はもう日も暮れそうだし、もう宿屋に行こうか」
五人「……(……た、たまには……いい、かな…////////)」

タカシ部屋前。

ち「………着ちゃった……浴衣…………(////)」
ち(………香水も……化粧もしたし………も、もしかしたら……///////)

タ『ちなみ……なんだか今日は、すごく可愛いよ…いつもそうだけど』
ち『…そう……れ、礼はいっとく………………(////)』
タ『照れた顔もなかなかwほら、おにーさんの膝の上に来なさい』
ち『う……し、しかたない…………行く………(/////)』ポスッ
タ『軽いね、ちなみは…でも柔らかい』ムニッ
ち『ふぁっ……!(////////)』
タ『こんなに脱がせやすい格好して、いい匂いの香水までつけて』
ち『んっ……い、いきなり、そんな………!』
タ『でもちなみ、そういうことしたいんでしょ? ほら、ここも、こんなに』
ち『ぁっ……んん……タ、タカシ…………う、ん……い、痛くしないで…………(////////)』
タ『任せて。でも…もう少しほぐしとこっか……』

ち「…えへへ………やだぁ……タカシぃ……(////)」
か「タカシなら風呂に行ってるわよ?」
ち「!!??? い…いつから……いたの……(////)」
か「ついさっきよ。…あ……ち、ちなみも、浴衣着たんだ…」
ち「え? あ………かなみも……(////)」
か「あ…わ、わたしは……べっ、別に、あいつの好みがどうとかじゃなくて…その…(////)」
ち「……ホント………?(////)」
か「え、いや、で、でもまったく関係ないわけじゃなくて、えっと…(////)」
ち「……(////)」
か「……(////)」
ち「………お風呂……行こ………?(////)」
か「う、うん(////)」

露天風呂。

か「こ、こんなに大きなお風呂……はじめて、かも…」
ち「……、あれ………リナ……?」
リ(お、押さないでくださいません!? 見つかったらどうするつもりですか!
////////)ボソボソ
い(す、スマン…でももうちょいしゃがんでくれへんか?////////)ボソボソ
あ(あ…肩、おっきいな……や、やだぁ…ボク、ヘンな気分…////////)ボソボソ
か「……何してんの…? そっち、男湯だよ…?」
三人「ふわああぁっ!?」

タ「なんか女湯が騒がしいな……まぁいっか」

リ(か、かなみさん! ちなみさんも…お、おどかさないでください!////)ボソボソ
か「おどかすって…三人で何してんの? 仕切りにへばり付いて…」
あ(べ、べつに、なんでもないよっ!? タカシの入浴シーンなんて、誰も見てないからっ!/////////)ボソボソ
ち「…っ………(/////)」
か(た、タカシがいるの!? わ、わたしも見せてっ!)
い(ば、バレよった……ま、まあええわ…あ、そこにもう一つ隙間があるで…//////)
か(…じゃ、じゃあ………/////)コソコソ
ち(………………………//////)コソコソ

タ「ふー……あったけ…」

ち(………//////////)
か(あ、あ、たか、タカシがは、はだか……あ、あんな近くに………////////////)
い(せ、せやから…そう言ってるやんか…///////////)
リ(きっ、気の利かない宿ですわ! な、何故男女別々になどと…!//////////)
あ(ホ、ホントだよねっ! …あっ、動いた…!///////////)

タ「そろそろ体洗うか……よっ…と」ザバッ

五人「!?!??〇×△〆☆※@~∵凵堰H!!!//////////////////////」
か(な、何よアレ!? ま、まさか、アレが……は、初めて見た……/////////////)
リ(と、殿方には、あ、あんなものがついているなんて……/////////////)
ち(あ、あれが…………タカシの……おっきい………/////////////)
い(あ、あんなのが入るんか…あ、アカン、どないしよ……想像したら、身体が…/////////////)
あ(…………………/////////////)(←茹蛸になっている)
ギュウギュウ
あ(あ…ちょ、ちょっと、お、押さないでよっ!//////)
か(そ、そんなこと言ったって、位置的に…!//////)
ミシッ…ミシミシミシ…
ち(………………………!)
リ(い、今の音は……!)
バキバキバキ…バカアッ!
五人(!!!!!!)
しきり に 78 の ダメージ! しきり は こわれた!
五人「………(///////////)」
タ「(;゚Д゚)…」
五人「………………………(/////////////////////////)」
タ「な、なにしてんの…?」
五人「そぉい!(/////////////////////////)」
タ「モルスァ」
タカシ に 681 のダメージ!
タカシ は たおれた!


その後気絶したタカシを運ぶのに、いろいろあったとかいうのは省略します。
その夜の女の子部屋の様子……も省略します。

続く。



ツンデレクエスト3 閑話


その夜。

ち「……い………いくよ…? ………も、モシャス(////////////)」
ちなみ は モシャス を となえた!
なんと! ちなみ は タカシ に へんしんした!
四人(っ! に、似てる…///////////)
ち「………(//////////////)」
ちなみ は ローブ を まくりあげた!
五人「!!!!!!!!(//////////////////////)」
(自主規制)が あらわれた!
か「……うわぁ………(//////////////)」
リ「………………(////////////////)」(←声も出ない)
い「…ま、間近で見ると、また……あ、な、なんや、おっきく……(////////////////)」
ち「………ぅ………っ…………(//////////////)」
あ「こ、コレってたしか、コーフンすると、なるんだよね………(////////////////)」
ち「……だ、だって……みんなが、見るから………(///////////////)」
か「か、感覚は……あるんだ…(////////////////)」
ち「………う、うん………っ………ね、ぇ…かなみ………?(///////////////)」
か「っ……な、なに……?(た、タカシの顔で上目使いなんて…は、反則じゃない……//////////////////)」
ち「……あ、あの………その………(/////////////////)」
あ「ど、どうしたの? もじもじして…(///////)」
ち「………さ…………………………さわって…………………………?(/////////////////)」
四人(!!!!!!!!!!!!!////////////////////////////////////////////////)
がばっ


(省略されました…続きを読むには1000000000G納付してください)



五人「…………………ん……………夢…………?(//////////////////)」

夢。

続く。



ツンデレクエスト3 その9


ランシール。
道具屋。

タ「今日はもう遅いから、『きえさりそう』だけ買ったら宿に行こっか…」
ち「……疲れた……とっとと連れてけ………」
リ「同感です、早くふかふかのベッドのある宿を用意しなさい!」
タ「その保証はできんぞ…でもま、早いところ買おうか。すみませーん!」
Ж「はい、ただいまー」パタパタ
タ「えっと、この『きえさりそう』を十たば……ほど……」
Ж「畏まりました。ではお代の方が……」
い「っ……(う、うわ…すごい美人やわぁ…///)」
あ(き、綺麗…それに、む、ムネも…おっきい…/////)
か(す、すごいプロポーション……やっぱりタカシも、ああいう大人の人の方が……って、あれ? タカシ、ドコ見て………(チラッ)…!! あ、あいつ、ムネばっか…!!)
四人(え?…(チラッ)あ…!)
タ(……ちょ、このムネ……眼福っつーかやべ、鼻血出そう…////////)
Ж「お買い上げありがとうございましたー!」
タカシ は きえさりそう を ふくろにいれた。
か「ほ、ほら、さっさと行くわよ!(//////)」
タ「ちょ、待て耳を引っ張るな耳をいてててて!」
ち「……きりきり歩け………スケベ勇者………!(////////)」
あ「は、早く宿を用意しろ! ボクは疲れたんだっ!(/////////)」

ランシールの宿屋。
女の子部屋。

リ「ま、まったくあのバカ勇者はっ! いくら美人とはいえ、見ず知らずの女性の…む、胸を凝視するなんて、ふしだらにも程がありますわっ!(////////)」
い「ほ、ホンマや! わざわざ店の中で…は、発情しおってからに!(ま、まあウチは、別にタカシとだったら…は、はじめてが、や、野外でも、…ええ、けど……///////////////)」
あ「でも、あの人…綺麗、だったね…ムネも、おっきかった…(//////////)」
リ「う……ま、まあ、たしかに…美人、でしたけど……(む、ムネは…た、確かに、わたくしよりも少しありそうでしたし……///////////)」
か(わ、わたしも、おっきい方だけど…リナには負けるし、あの人はもっとあるっぽい…/////////////)
ち「……タカシ……巨乳好き…………」
三人「……ぇ゛っ…………!?」

ちなみ は 自分でショックをうけた!
あずさ は ショックをうけた!
いずみ は ショックをうけた!
かなみ は ショックをうけた!

リナ は うれしそうだ!

い「そ、そんなことないやろ…だ、だいたい、胸の大きさで人を好きになるなんて、そんな…へ、ヘンタイやっ!(//////////)」
あ「そ、そうだよねっ、いくらタカシがスケベでも、そこまでヘンタイじゃ…(/////////////)」

リ「…あら、タカシはもともとヘンタイではなくて?」

四人「…………!」ピシッ!

ちなみ は こおりついた!
あずさ は こおりついた!
いずみ は こおりついた!
かなみ は こおりついた!

か「り、リナ、それ、…どういうこと……?」
リ「あら、簡単な事ですわ。つまりはタカシも、『わたくしのような』胸の大きい女性が好きな性癖の持ち主だ、という事です!」
ち「…………!?」
い「そ、そんなわけあらへん! タカシは…そ、そこまで、ヘンタイじゃ……」
リ「あら、その可能性は高いですわよ? この間タカシの荷物を見たら、中にその手の本がありましたもの」
ち「……………!」
あ「そ、そんな…た、タカシのバカぁ…(////////)」
リ(や、やりましたわっ! これでライバルたちに差を…! 産まれてこの方、この胸をこれほどあってよかったと思ったことはありませんわ!////////////)
ち「……………………………」

むにゅっ。

三人「!?!!?!?(////)」
リ「ひゃぁんっ!!??」
ち「……ホントに……おっきい…………(//////////)」むにむに
リ「や、やぁっ、お、おやめなさいちなみさん! こ、こんなことをしても、んぁっ…た、タカシの巨乳好きに、変わりは……(////////////)」
ち「………それ、間違い……よく考えたら……『ひんぬーセレクション』とか、『美乳特集!』も…………あったから………(////////)」
三人「!!!!!!」
リ「そ、そんな…それでは……!」
ち「………そゆこと……じゃ、とりあえず……おしおき………」きゅっ
リ「ひっ、ひあぁっ!(////////////)」
い「何や、慌てさせよって…ならウチも…『お仕置き』、参加させて貰うわ…(////)」
リ「ら、らめれす、す、吸っちゃ……ふぁぁぁんっ!!(////////////)」
あ「うわぁ……あ、そういえば…リナ程じゃないけど、かなみのも結構……おっきいよね……(//////)」
か「…ふぇっ!? わ、わたし!? …きゃぁん!(////////)」
あ「やっぱり…じゃ、リナばっかりは不公平だから……(////////////)」ふにふにふに
か「だ、ダメ…た、助けて、タカシぃ……ふゃっ!(////////////)」
ガチャ
五人「!??!!?!?!!??!(//////////////////////)」
タ「呼んd ………お、お前達、何を……(////////////)」
五人「そ、そぉい!!(///////////////////)」
タ「またこのパターンかよモルスァァァァ!!」

とりあえずその日のことは、翌日タカシの記憶には残っていなかったそうだ。

続く。



ツンデレクエスト3 その10


サマンオサの町。

*「王様は変わってしまわれた…以前は聡明で落ち着いた方だったのに…!」
*「わ、わたし、聞いたことあるんです! 城の方から夜な夜な、『ふお〜〜…』という声がするのを……」
*「最近、王女様も見かけないな…どうなさったのだろうか…」

タ「…………どう思う?」
か「明らかに怪しいわね…」
リ「そうですわね……それに、あの特徴的な鳴き声…もしかしたら……」
ち「…………あの時、イシスで逃がした………奴、かも………」
タ「………………………ま、まあ、ここは後回しにしよっk…」
ガシッ
タ「…ナ、ナンノツモリデショウカミナサン?(汗」
か「敵前逃亡するつもり? 行くわよ! 今度こそあの男、コテンパンに叩き潰してやるんだから…!」
ち「…………前回、燃やせなかった……リベンジ…………」
い「あの男だけは許さへん! 二度と闘えん体にしたる!」
リ「神の名を以て、あの男に裁きを下して見せます…さあ、行きますわよ!」
タ「何で皆そんなにやる気満々なんだっていうか待って! 頼む! 頼むからアイツとの戦闘だけは勘弁(ズルズルズル)いたたたた!」
あ(何でって…た、タカシの貞操が懸かってるからに、決まってるだろっ!/////)

?「む? …あの男は…ま…まさか……!(////)」


深夜、サマンオサの城。


あ(侵入完了、と…まっ、ボクにかかればざっとこんなもんさっ!)ボソボソ
ち(…お疲れ………さて、敵は………この部屋のどこか……………)
タ(け、結局こうなるのか……やべ、胃が痛てぇ…)
か(しっかりしなさいよっ…敵はすぐそこなのよっ!?)

?「ふっふっふ…飛んで火に入る夏の虫……ですね〜〜〜え!」

リ「!? こ、この声は…やはり……!」
タ「うはwwヤバスwww一気に胃袋がキリキリとwwwww」
い「ど、何処や! ツラ見せんかい!」

バサッ
HG「セイセイセイセイセイ! 久しぶりの登場! 最強最大の敵Foooooooooooooooooow!!!!!」カクカクカクカク
HG が あらわれた!

ち「…………メラゾーマ…」
ちなみは メラゾーマ をとなえた!
HGに 99 のダメージ!
HG「うはwww…セイセイセイ、いきなりご挨拶ですねぇ〜〜え!」
ち「……ち………火が弱かった……」
あ「あ、そういえば…ラーの鏡役に立ってないね……」
か「で、出たわね怪人! アンタ王様になんか変装して、一体ナニ企んでるわけ!?」
HG「決まってるでしょう! 勇者タカシを連れ帰って二人で濃密な愛の時間を(ry」
タ「(((;゚ω゚)))」
五人「潰す」

あずさのこうげき! かいしんのいちげき! HGに106のダメージ!
いずみのこうげき! かいしんのいちげき! HGに131のダメージ!
ちなみは バイキルト をとなえた! かなみのこうげきりょくが2ばいになった!
リナは バギクロス をとなえた! HGに97のダメージ!
かなみのこうげき! かいしんのいちげき! HGに334のダメージ!
タカシはふるえている。

HG「さ、流石ですね〜〜ぇ! ここまでレベルアップしてるとは〜〜ぁ…………予想ゲイFoooooooooooooooooooooooooow!!!!」
あ「どうだっ! 大人しくお縄につけ! さもないとこのボクがボッコボコにしてやるっ!」
ち「……私も………メラゾーマ………ウェルダンの刑に処す………………」
リ「それに、前回のようには行きませんわよ? 城下町の道具屋で、踊り系の効果を打ち消す薬草を買いましたもの!」
HG「フッフッフ…セイセイセイ! それ以外にも、切り札はまだまだ残ってますよぉ〜〜ぉ!」ゴゴゴゴゴゴ
か「あ、アイツ、まだ何か…!」
い「こ、この魔力…な、何や、一体…!」
HG「………………………パルプンテ」
六人「ちょwwwwwwwwwっおまwwwwwwwwwwww」
HGは パルプンテ をとなえた!
とてつもなくおそろしいものをよびだしてしまった!
?「フフフ…誰だ? 私を呼び出したのは……」
HG「来ました来ました、召喚成功フォォォォォォォウ!!」
か「な……何者よアンタ! 名乗りなさいよ!」
クー「私の名はクー…遠い彼方…素直クールのスレッドから、魔力の導きに従ってやってきた。そういうお前たちは一体、なに………………な……な………………」ジーッ
リ「ん?」
あ「は?」
い「へ?」
タ「…な……何…?」
ツカツカツカツカ、ギュッ!
六人+HG「!?」
タ「うぇ?」
クー「すまないが…君の名は?」
タ「へ? た、タカシだけど」
クー「そうか…では、タカシ」
ガシッ!

クー「わたしと結婚しないか?」

六人+HG「!?!?!?!?!?」
タ「えぇえ!? な、ちよ、いきなり何を!??(/////)」
か「な、何言ってんのよ! 駄目に決まってるでしよ!!!???(/////)」
HG「そ、そうよ! 突然何を言って」

リ「ニフラム」
HG「アッー!」
リナは ニフラムをとなえた!
HGは ひかりのかなたにきえさった!
へんげのつえ をてにいれた!

ク「駄目ではない。タカシ、君は見たところ既に十五は過ぎている。違うか?」
タ「あ、はい、今年で十六に」
あ「り、律義に答えるなよっ! それに年齢の問題じゃないだろ!?」
い「そ、そや! 結婚っちゅうのは好き合っとるもん同士が…」

クー「わたしはタカシが好きだ。愛している」

五人「!?!?!?〜+‥《≠仝<℃$*☆〓⊆⊇Щд♀!!!!!?????(////////)」
タ「あ、ああああ愛だなんてそんな大それた、…だ、だ、大体初対面なのに(///////////)」
クー「む、一目惚れというやつ…かな。だが愛に時間は関係あるまい?」
タ「え、えと、その…ぁぅ(//////)」
リ「な、何してるのですかタカシ! そ、そんな女蹴り飛ばして、さっさとこっちに……!(///////////)」
クー「む、…まさか、君達もタカシを狙っているのか?」
五人「!!!!!!(//////////////////////)」
タ「え? そ、そうなの?」
ち「………ぇ……ぁ………ち、ち…………ぅぅぅ〜〜……(///////////)」
い(い、言えへん、「違う」なんて…! もし言ってしもたら…///////////)
あ(ち、違うって言ったら、タカシを…取られちゃう……!///////////)
リ(あ、ああ、どうすればよいのでしょう、どうすれば…!///////////)

か「…………そ………………そ、うよ……(////)」

クー「む?」
四人「………え?」
タ「か、かなみ…?」

か「…そ、そうだって言ってるでしょ!?(////////)」

四人「!!!!(///////////)」
タ「え………(////////////)」
クー「……ほう……つまり、どういうことだ?」
か「あ、アンタなんかにあげないって言ってんのよっ!!! わ、わたしは、タカシが…す、好きなの!!! お城で初めて見かけた時からずっと!!! ずっと大好きだったんだからぁっ!!!!!!(//////////////////////////////////////)」
タ「か、かなみ…(////////////////)」
ち「……わ、わたしだって………師匠に写真を見せてもらって………ひ………ひ、一目惚れ…………………で、………………………………それから………ずっと…………………(//////////////////////////////////////)」
タ「え…ち、ちなみも…(//////////////)」
リ「わ、わたくしも! わたくしは、教会にお祈りをしに来た時からですわ!! も、文句でもありますか!!!(//////////////////////////////////////)」
あ「ぼ、ボクだって! は、初めて優しくしてもらってから……ず、ずっと、ずっとすきでした!!(//////////////////////////////////////)」
い「う、ウチかて! ウチかて、こ、コイツの笑顔、一目見た時から好きになったんや!! アンタにくれてやってたまるかい!!!(//////////////////////////////////////)」
タ「リナ……あずさ、いずみ…(/////////////////)」
クー「…………そうか……」
………トン……
五人「!!!!」
タ「!! …し、しまっ………………」
ドザッ…
か「なっ…た、タカシに何を…!」
クー「タカシには済まないが、これは女の戦い…少し、休んでもらった」
ち「……女の………戦い…………!」
クー「さあ……来い! この想い、誰にも負けないことを身体に知らせてやろう!」
リ「こっ、こっちの台詞ですわ!(//////////////)」
ち「……勝負…!(/////////////)」

クーがあらわれた!
あずさのこうげき! かいしんのいちげき! クーに96のダメージ!
ちなみはイオナズンをとなえた! クーに150のダメージ!
リナはバギクロスをとなえた! クーに120のダメージ!
いずみのこうげき! かいしんのいちげき! クーに108のダメージ!
かなみのこうげき! かいしんのいちげき! クーに169のダメージ!

クー「なかなか…しかし、わたしには………効かない!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
クーはちからをためている。
か「ま、マズい…!」
ち「…く………スクルト…!」
ちなみはスクルトをとなえた! かなみたちのぼうぎょりょくがあがった!
クー「遅い! 受けよ! 『爆愛無限光』!!」
五人「!!!!!」
クーのこうげき! クーはすべてのあいをときはなった!
ぼうそうしたあいが かなみたちにダメージをあたえる!
かなみに132のダメージ!
ちなみに85のダメージ!
リナに97のダメージ!
あずさに108のダメージ!
いずみに107のダメージ!
か「…かは…っ……つ……強い……!」
い「ち……ちなみの、スクルトがなかったら、今頃……」
リ「ち、ちなみさん、…素晴らしい判断でしたわ…」
ち「………何とか、間に合った………でも……っ……」
クー「…こんなものか。では、とどめといこうか……」
リ「か、回復が…間に合いません……っ!」
い「あ、あかん! 次が…!」
あ「く、ぼ、ボクの足が……う、動け! 動いてよっ!」
ち「……! …だ、だめ……呪文に、集中できない…………!」
か「こっ、こんなところでっ…た、タカシを…い、やぁっ…!」
クー「もう終わりにしよう…さらば、良きライバル達よ……『爆愛無限光』!!」
クーはすべてのあいをときはなった!

?「そこまでだっ!」
クー「!?」

?のこうげき! かいしんのいちげき! クーに561のダメージ!
あいのぼうそうがとまった!
五人「!?」
クー「何者!!」
みこと「サカモト流継承者にして、サマンオサ国王女…武闘家・みことだっ!」
みことがあらわれた!
か「お、王女!? たしか失踪してたんじゃ…」
み「さっきから聞いていればどいつもこいつも……だ、だいたい、この馬鹿勇者がいけないのだ…いつまで経っても迎えに来ないではないか! ずっと待っていたのだぞ!(///////////////)」
クー「く……っ、隙ありっ!」
クーのこうげき!
みことはひらりとみをかわした。
クー「なっ…!」
み「甘いな、サカモト流に隙は無い…だがそれ以上に…わたしのタカシを…誘惑した罪は、サカモト流の真髄を味あわせるのに値する……!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
あ「こ、このオーラ…さ、さっきよりも…!」
い「……………強い……!」
み「受けよ我が奥義! 『夢幻闘舞』!!」
五人+クー「それはゲームが違アッー!」
みことのこうげき! クーに9999のダメージ!
クーのしょうかんがとけた!
クー「ば、馬鹿な…わたしの愛がっ………!」
クーはきえさった!
かなみは69900のけいけんちをかくとく!
ちなみは(以下同文の連続
9999ゴールドをてにいれた!
い「あ、あの…あんさんは…」
み「このバカシ、まだ寝ているのか…ん? ああ、わたしはこの国の王女だ。父上の変貌を聞いて戻って来たのだが…ま、まさかタカシが来ていようとは、な…(///////)」
ち「……タカシの……知り合い……?」
み「う……し、知り合いというか、何というか…その……(///////////)」
い「な、何や? タカシの…はっきしせんかい!」
み「う、うるさいうるさい! わ、わたしはっ、わたしだってコイツに初めて会った時からずっと待ってたんだ! も、文句あるかっ!!!(/////////////////////////)」
五人「!?!?!?(/////////////////////)」

タ「う……ん…………?」

五人+み「!!!!!!!」
タ「う…あ、こ…ここは…?」
あ「た、タカシ! 気がついたの!?」
タ「あれ? 俺は…HGを倒しに来て……どうなったんだっけ」
五人「え………?」
タ「う……うーん、思い出せない……」
ち「………た、タカシ…………まさか…………」
か「あ、あ、アンタ、まさか何も覚えてないわけ!?」
リ「何もって…ま、まさか、わたくしたちの告は……こ、言葉もですか!?」
タ「す、すまん、何も……っていうか、誰か大事な発言したのか?」
五人「……!!!」
ブチッ!
タ「い、今なんか嫌な音が……あ、ところでどちらさまですか?」
み「なっ…………き、貴様、忘れ……!!」
ブチッ!
タ「え、ちょ、みんな、何恐い顔して」
六人「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァッ!!!!!!」
タ「ヤッダァーーーバアアァーーーーッ!!!!」

結局HG撃退には成功したものの、タカシ戦闘不能のためサマンオサの宿には一週間お世話になったとさ。
翌日みことがタカシ一行に加わったのは、言うまでもない。


続く。


前へ  / トップへ  / 次へ
inserted by FC2 system